学習院八重櫻の会 学習院八重櫻の会
06/09/08:
学習院八重櫻の会について 

 「学習院八重桜の会」は1989年に設立された会で、会員は学習院女子部を卒業し、10年以上仕事をしていた経験のある有職者です。今では女性が仕事を持つことが当たり前の時代になりましたが、良妻賢母の学習院にあっては、仕事を長く続けて行く女性の存在はまだまだ少ない現状がありました。そこで、母校のつながりで会を発足させ、情報交換や親睦を図ることができれば、また母校の発展に寄与することができればという思いで会がスタートしました。現在は、職種、世代を超えた、“働く女性たちのネットワークづくり”を目標に活動しています。年1回の総会のほか懇談会、催事などで会員同士が親しく知り合い、励まし合いながら自己の向上に努めています。また様々な分野で活躍している会員一人一人の経験を「女子部を巣立っていく後輩たち」が進路を考える折に役立てていただけるような活動もしています。この「学習院八重桜の会」が、「仕事を選ぶ時の・仕事を続けていく時の生きた情報」を提供する期間として、時宜に応じた貴重な役割を果たしてまいりたいと思っております。

1. 趣旨
①  女子学習院・学習院女子中・高等科の出身者で社会的活動に従事している者の相互の情報交換と親睦
②  母校の発展に寄与すること

2. 会員
     現在 約100名
     職業や世代は多岐に渡っています。

3. 具体的な活動
    運営は総会、及び理事会の決定に基づき、活動内容を企画決定を含めて自主的に運営しています。気軽な会から勉強会までいろいろございます。
尾崎行雄財団、難民を助ける会会長の尾崎雪香氏、日本赤十字社社長 近衛忠輝氏、写真家 佐藤秀明氏ら、会員だけでなく外部からも講師をお招きしてお話を伺う機会も作っております。
また、1997年には「オール学習院の集い」に参加してティールームとトークショーを開催し好評を博しました。また母校に対する活動の一環として女子部で「加藤シヅエ100歳記念特別講演」 などの講演会を後援いたしました。
この他、毎年ニュースレターの発行を行っています。

会員の皆様をご紹介いたします。

» 続きを読む